トヨタ期間工 コラム

トヨタの期間工は中高年でも可能?

トヨタの期間工になりたいけれど、年齢的にできるのか心配。。。

そんな中高年の方もいるのではないでしょうか。では実際はどうなんでしょう。調べてみましたので参考にしてみてください。

中高年の期間工もいます

トヨタの期間工は中高年でも可能です。

実際に現場では50代でも働いている人がいるそうです。
トヨタ期間工の募集要項には、「3ヵ月以上勤務可能な満18歳以上の方」という条件のみが書かれています。

18歳以上という条件はつきますが、上限はないということです。業種は「自動車製造に関する各種作業」です。

基本的には体力勝負の肉体労働と考えておきましょう。

おそらく面接の際に、「キツイですが大丈夫ですか?」と聞かれるでしょう。これは若い人でも同じように聞かれることですが。ここで「無理かも」と言ってしまえば、採用はないと考えましょう。

残念ながら、年齢に合わせて楽な仕事を振り分けてもらえることは稀です。

ですが40過ぎても50過ぎても、元気と体力には自信あり!という強靭な方も今どき珍しくないですから、そういう方はぜひ前向きにアピールしてください。

年齢が上がるとおこる弊害

若い人が採用されやすいのは、若い人のほうが体力があるとみなされやすいからです。これは年齢による差別ではなく、あくまで能力による区別です。

若い人のほうが体力という部分では、能力が優れている傾向があることは仕方がありません。

一般的には30代後半になってくるとトヨタ期間工で働くことは難しくなると言われています。

ハードな仕事なので体力が落ちてくるその年齢になると仕事がきついと感じやすくなるということです。

また、若い人のほうが体力の回復も早いです。その日は疲れてボロボロになってそれ以上は働けないと感じても、一晩ぐっすりと眠って次の日の朝に起きたら前日よりも元気な状態になっていることもあるのが若さです。

最初は「こんなハードな仕事続けられない」と思っても2週間続けていると体が慣れてきて余裕を持って仕事をこなせるようになっています。

逆に、中高年の人はその日1日は比較的余裕をもって仕事を終えたつもりでも、一晩眠って次の日の朝起きたら体の一部が悲鳴をあげているということがあります。

体力が回復するどころか、次の日になってから遅れて疲れや痛みが襲ってくるのです。年齢とともに体力が落ちて、回復スピードも遅くなることは人間の仕組みなので仕方がありません。

まとめ

しかしこれらはあくまで一般論です。

20代の人でも10キロマラソンを完走できない人はいます。逆に50代でも40キロマラソンを完走してしまう人もいます。

トヨタの期間工の面接ではあくまで能力が見られているのであり、年齢による差別はありません。中高年でも能力があるなら採用されます。