期間工からトヨタの社員になるには

トヨタの期間工から正社員になるには?

トヨタの期間工では正社員登用制度があります。

トヨタ自動車株式会社は日本の大企業、トヨタグループの中核でありダイハツ工業と日野自動車の親会社でもあります。

トヨタ期間工から正社員になるには

日本一であるばかりか世界一の自動車メーカーとしても知られています。そんなトヨタ自動車の正社員になるなんてよほど優秀な人でないと無理だろうと考える人は多いですが、実は数ある期間工の中でもトヨタ期間工は一番正社員になりやすいという意見もあります。

なぜトヨタ期間工が正社員になりやすいと言われているのかというと、正社員登用制度を利用して正社員になった人の数が公表されているからです。

4年連続で増加中、今年(2018)は500人を採用するという予定だそうです。売上2位のホンダは年間100人にも満たないので、トヨタが圧倒的に正社員になりやすいということを数値が表しています。

正社員登用試験を受けるためには「期間工として1年以上勤務していること」「グループマネージャーからの推薦がある」という条件を満たすことが第一です。

接試験と筆記試験があり、総合点で判断されるそうです。

「期間工として1年以上勤務していること」「グループマネージャーからの推薦がある」という条件さえ満たしていれば試験を受けるチャンスが与えられるので、だれにでも等しくチャンスがあります。

ただし、期間工の契約期間は6ヶ月なので、契約を更新されるだけの実力がある人でなければなりません。

人望がある人が望ましい

GMからの推薦は普段から真面目に勤務していれば基本的にはもらえるという口コミです。

筆記試験のほうはそれほど難しくはなく、面接の重要度が高いです。

また、グループマネージャーからの推薦が必須条件となっていますが、GMからの評価も採用担当者に伝えられますので普段の働きぶりも大きく関係するでしょう。

正社員になれば職場リーダーになる可能性が高いので、体力・健康管理能力があることはもちろんチームワークやリーダーシップなども求められます。

普段から仕事を黙々としているよりも、積極的に人と交流をして人脈を築いている人のほうが有利になるでしょう。