トヨタ期間工 コラム

トヨタの期間工はキツイって聞くけどホントのところはどうなの?

トヨタ期間工は、期間工の中でも有名です。大手の自動車メーカーであるだけに、たくさんの求人が募集されています。

有名であるだけに経験者による口コミが多く、その中でもキツイといったことを聞くこともありますが、実際のところは働く場所によっても変わってきます。

キツさは配属先でも大きく変わる

トヨタ期間工といってもラインが異なれば作業内容も異なるため、一概にキツイという訳ではありません。もちろんこれは他の期間工にも言えることです。

ラインによって忙しさが異なりますし、体力の有無によっても感じ方は異なります。自分ではどこに配属するのかを決めることはできませんので、この点は事前にわかりません。

ただ部品系と呼ばれるアイシン系列やデンソーとは違い、トヨタは車両の組立から完成までのすべての工程が含まれます。基本的に体力や持続力は必要とされる作業が主といえるでしょう。

キツさは慣れるといわれています

しかし、慣れてくれば同じ作業をすることになりますし体力もついてきますので、キツイとは感じられなくなってきます。

結局のところ、キツイと感じるかどうかは、その人によって異なることになります。

体力が極端にないような人や、単調な仕事が得意ではないという人なら苦手を感じるかもしれませんが、そうではない人なら別段問題なく働くことができるでしょう。

残業が少ないから疲れを取りやすい

トヨタは他メーカーに比べて比較的残業や休日出勤が少ない会社です(繁忙期は別として)。

その分十分に身体を休めることが出来ますし、休日に思い切りリフレッシュすることもできるでしょう。その点では他企業よりも体に負担が少ないと言えます。

寮がキツイってこともあります

寮には当たりはずれがあります。新しいタイプであれば個室が用意されていて、マンションタイプなので快適な生活を送ることができます。

しかし、古いタイプの寮は大部屋の中にベニヤ板で仕切っているタイプの寮で、風呂やトイレは共同になっているため、あまり快適とは言えません。

これも、キツイと感じるかどうかの要素の一つとなっています。

寮は会社から指定されるので、どこになるかは運任せなのがシビアですね。

まとめ

いろんな情報がネットで入手できます。例えば経験者がまとめているサイトや、掲示板の書き込みなどからリアルな話は入ってきます。

それらを参考にすればイメージが掴みやすいですから、働くことができるかどうかを考えるにあたってはチェックしてみましょう。