トヨタ期間工 コラム

トヨタの期間工より楽な自動車メーカーはどこ?

期間工であれば、6ヶ月や1年といった期間は限定されているものの正社員と同じ扱いを受ける事が可能です。

アルバイトで働くよりも給料が多い上に、無料で利用可能な寮が用意される等待遇面も優れています。お陰で自宅から遠く離れた地域に働きに出たり、それなりにまとまったお金を効率良く貯める事が可能です。

そんな期間工として多くの人が働くのが、自動車工場です。

期間工に人気のトヨタ

特にトヨタは国内を代表する世界的な自動車メーカーであるだけに、期間工の中でも人気があります。

期間工になろうと考えた初心者が、無難なところでトヨタ期間工を選択するケースも多いのですが、実際は待遇面も悪くありません。

じつは他の自動車メーカーと比較して、トヨタ期間工は残業や休日出勤が少ない方です。体力的に負担がかかる作業が多いので、体を休める時間が多いのはありがたいですよね。

ですから期間工経験者からみて、トヨタは比較的ラクなメーカーだという印象はそこそこあります。

もっともトヨタ期間工が、他の自動車メーカーと比較して1番楽に働く事が可能かというとそこまでではありません。

部署によってはかなりきつい作業を任されることもありますので、楽観視は禁物です。

基本的にはどこの車両メーカーと比べても、作業の内容、大変さに大きな差は見られません。

トヨタよりも仕事が楽なメーカーって?

トヨタ期間工と比較しても楽に働けるという意見を多く見掛けるのが、ホンダです。

ホンダ期間工はトヨタよりも更に残業や休日日数が少ない職場もあり、初心者が無理なく働く事が出来るといわれています。

ですから基本的には、余り無理のない形で期間工が働く事が可能な体制となっているのです。

ただしトヨタやホンダに加え他の自動車メーカーにも言えますが、期間工として楽に働けるかどうかは働く工場や時期にも大きく左右されます。

同工場でも配属先によっては作業内容に差があったりするので、一概にはいえません。

繁忙期になるとどのメーカーも生産必要数が多くなり、残業や休日出勤も増えて行くケースが多いです。

他にも工場自体に遅れが発生してしまうと、そういった状況に追い込まれます。ホンダも例外ではなく必ず他の自動車メーカーの期間工と比べて、楽に働ける訳ではないです。

あくまで比較的楽に働ける可能性が高い、と言われているだけだったりします。

部品系のメーカーは比較的、楽

アイシンやデンソーといった部品の組み立て作業が中心の工場は、車両を扱うトヨタ、ホンダ、ニッサン、スズキなどの車両製造を扱う工場よりも総体的に見て楽だといえるでしょう。

女性の就業率も高いのがその証拠でもあります。

これから期間工をやろうと思っている人は、ご自分の体とよく相談して勤務先を決めてくださいね。